歌おう!ニッシンボー

出演アニマル紹介

  • 木曽馬(きそうま)

    平安時代から江戸時代にかけて、武士の馬として使用された日本の在来馬。木曽馬は優れた馬として名声が高まり、各地の武将は競って木曽に名馬を求めたといわれている。下あごが発達し額が広く、首が太いので顔に丸みがある。高冷地の厳しい自然環境に適応しており、とっても丈夫。雑草などもむしゃむしゃ食べる。性質はおだやかでとても賢い。